コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サトナ Satna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サトナ
Satna

インド中部,マディヤプラデーシュ州北東部の都市。サトナ県の行政庁所在地。アラーハーバードの南西約 120km,ビンディア山脈の一部をなすパンナ丘陵の標高 250mの地点に位置。パンナ丘陵一帯で産するダイヤモンドや石材の集散地で,宝石細工が盛ん。ほかに製粉,搾油,手織物,セメント,たばこ製造などが行われる。火力発電所がある。人口 15万 6321 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サトナの関連キーワードジャグジーバン・ダースバールフットの欄楯アウランゼーブサトナーミー派バールフットバールフト

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android