コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サナンダジュ Sanandaj

世界大百科事典 第2版の解説

サナンダジュ【Sanandaj】

イラン西部,クルディスターン州の中心都市。人口27万1000(1994)。住民は大部分クルド族。1636∥37年,サファビー朝の宗主権を認めるクルドの有力君侯アルダラーン家のスレイマーン・ハーンによって建設された。1867∥68年,同君侯国がカージャール朝によって取りつぶされるまで政治の中心地であった。現在,付近で産出する没食子(ぼつしよくし),トラガントゴム,キツネの皮の取引の場としてにぎわい,またクルミの木の加工製造業(すごろく・チェス盤,巻タバコ入れ)で知られ,じゅうたん産業も盛んである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

サナンダジュの関連キーワードペルシア絨毯

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android