宗主権(読み)そうしゅけん(英語表記)suzerainty

翻訳|suzerainty

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗主権
そうしゅけん
suzerainty

従属的な国家結合の一形態である付庸関係において,宗主国従属国に対して有する権限をいう。具体的な内容は宗主国の国内法によって定められる。従属国に代り条約の締結その他外交権能の一部を行使することが多い。トルコは 1908年までのブルガリア,および第1次世界大戦前のエジプトに対し,宗主権をもっていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

そうしゅけん【宗主権】

他国の主権を従属的に制限する権能。国家が独立する過程で、本国が独立する国に対してもつ場合が多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そうしゅ‐けん【宗主権】

〘名〙 ある国が従属国に対し、その内政、外交などに関して監督を行なう権利。
※東京朝日新聞‐明治三八年(1905)八月一七日「第三回(十四日)会見に於て、露国の態度比較的強硬なる勢なりしも、結局朝鮮に関する日本の宗主権を承認せり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android