コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サマソルトターン somersault turn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サマソルトターン
somersault turn

競泳自由形 (クロール ) と背泳ぎで使われるクイックターン。「とんぼ返りターン」ともいう。につく直前に頭から水に突っ込むように水中で回転し,縮めた脚が惰性で壁につくのと同時にキックして復路のコースに進む。 1965年国際競技ルールの変更により,身体のどの部分でも壁につけば折り返しあるいはゴールが認められるようになったことから開発された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android