コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サマルカンド州 サマルカンドSamarkand

翻訳|Samarkand

1件 の用語解説(サマルカンド州の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サマルカンド〔州〕
サマルカンド
Samarkand

ウズベキスタン中部の州。州都サマルカンド。北,東,南西を山地で囲まれたゼラフシャン川河谷のある地域で,半砂漠,砂漠地帯に属するが,山地に樹木,川岸に森林がみられる。ゼラフシャン川沿岸を中心とする灌漑地帯で綿花,ブドウその他の果樹を,灌漑設備のない畑地でコムギオオムギが栽培される。乾燥地域ではカラクール種のヒツジが放牧され,また養蚕も行われる。工業部門ではサマルカンド,カッタクルガンを中心に機械 (農業機械,映写機) ,食品 (缶詰,ワイン) ,繊維 (綿花洗浄,絹織物,縫製) ,皮革,化学 (肥料) などの工業がある。タシケントとブハラを結ぶ鉄道,ハイウェーが州内を東西に通っている。面積2万 4500km2。人口 238万 6200 (1991推計) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone