コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サマンガーン州 サマンガーンSamangān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サマンガーン〔州〕
サマンガーン
Samangān

アフガニスタン中央北部の州。州都はアイバク。アムダリアをへだててウズベキスタンと国境を接する。北部は砂漠で,南部はヒンドゥークシ山脈に連なる山岳地帯。州南端に源を発するサマンガーン川が州を縦断して北流するが,流域の農耕地を灌漑したのち,ホルム付近で砂漠に消える。最大の都市ホルムは,カブールからマザーレシャリーフにいたるハイウェーに沿う。面積1万 6220km2。人口約 27万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サマンガーン州の関連キーワードアフガニスタンカタガン地方

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android