コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サモエード[種] Samoyed

翻訳|Samoyed

世界大百科事典 第2版の解説

サモエード[種]【Samoyed】

原産地がシベリアのそり犬。北極圏近くに住んだ遊牧民族サモエード諸族がそり犬として使っていたイヌで,民族名が犬種名となった。19世紀末にイギリスやアメリカの極地探検隊によって初めて世界に紹介された。全身が純白の厚く美しい被毛で覆われ,目と鼻だけが黒く,日本スピッツを大型にしたようなイヌである。容姿が優雅で最も美貌なイヌとしてたちまち全世界へ広まった。性格は穏和,被毛は下毛がとくに稠密(ちゆうみつ)で寒さに強く,毛色は純白のほかにクリーム色もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サモエード[種]の関連キーワード原産地

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android