コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サモサ samosa

翻訳|samosa

デジタル大辞泉の解説

サモサ(samosa)

インド料理の一。小麦粉を練って薄く伸ばした皮で、香辛料を入れて炒めたひき肉や野菜を三角錐状に包み、油で揚げたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

サモサ【(ヒンディー)】

インド料理の一つ。炒めて香辛料で味つけしたひき肉や野菜などの具を、小麦粉を練って薄くのばした生地三角形に包み、油で揚げたもの。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

サモサ【samosa】

香辛料を入れて炒めたひき肉や野菜を、小麦粉を練って薄くのばした皮に包み、三角形の形に整えて油で揚げたインドの食べ物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

サモサの関連キーワードグレゴリウス・タウマツルグスルキアノス[アンチオキア]エウセビオス[サモサタ]パウロス[サモサタの]アンティオキア学派モナルキアニズムキリスト養子説フェリクス1世インド料理アオモグサルキアノスチャツネパウロ派インド食べ物

サモサの関連情報