サヤト・ノバ(英語表記)Sayat‐Nova

世界大百科事典 第2版の解説

サヤト・ノバ【Sayat‐Nova】

1712‐95
アルメニアの代表的詩人。本名アルチュン・サヤジャンArutyun Sayadyan。ティフリス(トビリシ)のアルメニア職人の子。吟誦人として名声を得,グルジアのイラクリ2世に招かれるが,貴族と衝突して追われ,1768年,修道生活に入る。ティフリスに侵入したペルシア軍により殺害された。愛を主題とし,愛する人への思慕の情をうたった詩が多く,後のアルメニア,グルジア,アゼルバイジャン文学に大きな影響を与えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android