コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サヤト・ノバ Sayat‐Nova

世界大百科事典 第2版の解説

サヤト・ノバ【Sayat‐Nova】

1712‐95
アルメニアの代表的詩人。本名アルチュン・サヤジャンArutyun Sayadyan。ティフリス(現,トビリシ)のアルメニア職人の子。吟誦詩人として名声を得,グルジアのイラクリ2世に招かれるが,貴族と衝突して追われ,1768年,修道生活に入る。ティフリスに侵入したペルシア軍により殺害された。愛を主題とし,愛する人への思慕の情をうたった詩が多く,後のアルメニア,グルジア,アゼルバイジャンの文学に大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サヤト・ノバの関連キーワード徳川家宣ショメル江島其磧馬場重久徳川家宣学生牢フィルメルゲン戦争大槻玄沢サンクトペテルブルク広島市内の土砂災害警戒区域

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サヤト・ノバの関連情報