コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラサ馬蹄螺 サラサバテイラ

デジタル大辞泉の解説

サラサ‐ばていら【サラサ馬××螺】

ニシキウズガイ科の巻き貝潮間帯から水深約20メートルの岩礁にすむ。貝殻は正円錐形で殻高8センチほど。殻表には斜めに太い赤褐色の帯がある。九州南部以南に分布。殻は貝ボタン・貝細工の材料となる。高瀬貝(たかせがい)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

サラサばていら【サラサ馬蹄螺】

海産の巻貝。貝殻は円錐形で、殻高10センチメートル 内外。殻表には赤紅色または緑色の火炎状の斑紋がある。貝ボタンの材料。奄美諸島以南、熱帯太平洋に分布。高瀬貝。腰高貝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

サラサ馬蹄螺の関連キーワード腰高貝斑紋巻貝海産内外

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android