コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラバト Salavat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラバト
Salavat

ロシア西部,バシコルトスタン共和国の都市。共和国首都ウファの南約 150kmにあり,ベーラヤ川にのぞむ。 1948年ボルガ=ウラル油田の大中心地としてつくられた新興工業都市で,製油石油化学のほか,石油工業用機械,ガラスなどの工業が発達している。ウファから南へ延びる鉄道,ハイウェーに沿う。人口 15万6085(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のサラバトの言及

【バシコルトスタン[共和国]】より

…ほかに褐炭,鉄,金などを産出する。工業面では石油関連工業が圧倒的な比重を占め,ウファ,サラバトSalavat,イシンバイに精製・加工工場がある。そのほか金属加工・機械製作などの工業が発達している。…

※「サラバト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サラバトの関連キーワード止まる・留まる・止る・留る・停まる

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android