コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石油化学 せきゆかがくpetroleum chemistry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石油化学
せきゆかがく
petroleum chemistry

天然ガスや石油成分の化学的利用に主眼をおいた化学。 1950年代に生れた石油化学工業の概念に対応するもので,石油炭化水素の分離,精製,さらにアセチレンエチレンプロピレンブタジエンベンゼントルエンなどの石油化学製品への誘導を含む。石油や天然ガスを原料として,燃料潤滑油にする工業は古くから行われていたが,燃料以外の化学製品の製造を目的としての化学は化学工業の中核を形成している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せきゆ‐かがく〔‐クワガク〕【石油化学】

石油および天然ガスからその成分を分離する方法や、分離した成分の化学的利用に関する化学。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せきゆかがく【石油化学 petrochemistry】

石油や石油随伴天然ガスを原料として化学製品を生産する化学技術の体系をいう。 第2次大戦後,中東地域で世界最大規模の油田が開発され,その石油が世界各国に豊富かつ安価に供給されるようになり,石炭から石油へというエネルギーの流体化革命が進むなかで,化学工業の原料もまた石炭から石油へと大きな転換を遂げた。国内資源に乏しい日本はいち早く石油化学技術の導入と石油化学産業の育成を目指し,おりから合成繊維合成樹脂などの高分子化学工業の急成長もあり,これに対する原料供給態勢の確立をはかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石油化学
せきゆかがく
petrochemistry

石油または天然ガスを出発原料とし、燃料油など本来の石油製品を除く化学製品の合成を目的とする工業化学をいう。とくに現代有機工業化学の中心をなす分野で、第二次世界大戦後、旧来の石炭化学にかわって発展した。石油化学のもっとも主要な基礎原料としては、ナフサなど石油留分の熱分解、接触改質などで得られるエチレン・プロピレン・ブチレン・ブタジエンなどの低級オレフィン類、ベンゼン・トルエン・キシレン(BTX)などの芳香族類で、このほか天然ガスや石油留分の水蒸気変成による合成ガス(水素、一酸化炭素)、接触分解ガソリン製造時に副生するプロピレン・ブチレンや、エタンの熱分解で得られるエチレンなども石油化学工業の原料として使用される。
 石油化学反応を応用した化学工業が現代基幹産業の一つである石油化学工業で、その製品が石油化学製品(ペトロケミカルスpetrochemicals)である。その目標とする最終製品は、プラスチック、合成繊維、合成ゴムなどの高分子化学製品をはじめ、合成洗剤(界面活性剤)、有機溶剤、染料、農薬、医薬など多岐にわたるが、石油化学の中心は、むしろこれら石油化学製品の製造に必要な単量体、中間体を能率的、経済的に合成するプロセスの研究開発にあり、触媒化学、有機合成化学、高分子化学との関連が深い。
 なお石油化学は工業的背景が強いため、石油化学工業と同義に扱われることも多い。[原 伸宜]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

石油化学の関連キーワードウィリアム・M. バートン三井石油化学工業[株]ラングドックルシヨンニージニーノブゴロド京葉臨海コンビナートリファイナリーガスシェブロンテキサコエスピリトサント州鹿島臨海工業地帯三井石油化学工業中国石油化工集団サウディ石油化学JNC石油化学バイアブランカクリーブランド三井化学(株)ガルベストン丸善石油化学エドモントンブラチスラバ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石油化学の関連情報