コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サリ族 サリぞくSalii; Salian

1件 の用語解説(サリ族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サリ族
サリぞく
Salii; Salian

フランク民族の三大支族の一つ。海を意味するラテン語の salumに由来するサリ系フランク人のことで,ライン河口の海岸方面に住んでいた。クロービス1世はサリ族の首長となり,他のフランク貴族の支持を得てフランク王国を建設した。クロービスのもとで部族法典 (→サリカ法典 ) が編纂され,カルル1世 (大帝) 時代に改修された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone