コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サリ族 サリぞくSalii; Salian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サリ族
サリぞく
Salii; Salian

フランク民族の三大支族の一つ。海を意味するラテン語の salumに由来するサリ系フランク人のことで,ライン河口の海岸方面に住んでいた。クロービス1世はサリ族の首長となり,他のフランク貴族の支持を得てフランク王国を建設した。クロービスのもとで部族法典 (→サリカ法典 ) が編纂され,カルル1世 (大帝) 時代に改修された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サリ族の関連キーワードバサリ地方:バサリメロビング朝ザリエル朝メロービスセネガルケドゥグ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android