コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロービス1世 クロービスいっせいClovis I; Chlodwig I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロービス1世
クロービスいっせい
Clovis I; Chlodwig I

[生]466頃.ツルネイ
[没]511.11.27. ルテチア
初代のフランク王 (在位 481~511) 。父ヒルデリヒ1世を継ぎ,領土拡大に努力。ローマのガリア総督シアグリウスをソアソンで破り,ガリアからロアール一帯に及ぶローマ領ガリアの大部分を支配。さらに西ゴートのアラリック2世を破り現在のフランス全域にわたる支配者となり,メロビング朝の基礎を築いた。正統のアタナシウス派キリスト教徒クロティルダと結婚。 496年には彼自身がランス大司教より洗礼を受けアタナシウス派に改宗。これは政策的な意図が強く,キリスト教徒であるガロ=ロマン系住民の懐柔と,アリウス派の西ゴートを攻撃する口実とするためであった。彼はガリア北方を征服すると,多くのフランク人を北ガリアに移住させてガリア人と混住させ,両者の自由民で重装歩兵部隊を組織し王権の支柱とした。都をソアソンからルテチア (現パリ) に移し,東ローマ (ビザンチン) 皇帝アナスタシウス1世より,508年地方総督 Pro Consulの称を受けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クロービス1世の関連キーワードランス(フランス、マルヌ県の都市)ジギスムント[ブルグンド]グレゴリウス(歴史叙述者)総合年表(ヨーロッパ)フランス史(年表)アラリック(2世)ローマ史(年表)アラマン(民族)メロビング朝美術クロタール1世サン・レミ聖堂フランク王国フランク民族アラマンニ族マルティヌストゥールーズシアグリウスシュワーベンサンレミ聖堂アラリック

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android