クロービス1世(読み)クロービスいっせい(英語表記)Clovis I; Chlodwig I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロービス1世
クロービスいっせい
Clovis I; Chlodwig I

[生]466頃.ツルネイ
[没]511.11.27. ルテチア
初代のフランク王 (在位 481~511) 。父ヒルデリヒ1世を継ぎ,領土拡大に努力。ローマのガリア総督シアグリウスをソアソンで破り,ガリアからロアール一帯に及ぶローマ領ガリアの大部分を支配。さらに西ゴートのアラリック2世を破り現在のフランス全域にわたる支配者となり,メロビング朝の基礎を築いた。正統のアタナシウス派キリスト教徒クロティルダと結婚。 496年には彼自身がランス大司教より洗礼を受けアタナシウス派に改宗。これは政策的な意図が強く,キリスト教徒であるガロ=ロマン系住民の懐柔と,アリウス派の西ゴートを攻撃する口実とするためであった。彼はガリア北方を征服すると,多くのフランク人を北ガリアに移住させてガリア人と混住させ,両者の自由民で重装歩兵部隊を組織し王権の支柱とした。都をソアソンからルテチア (現パリ) に移し,東ローマ (ビザンチン) 皇帝アナスタシウス1世より,508年地方総督 Pro Consulの称を受けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android