コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サリカ法典 サリカほうてん Lex Salica

5件 の用語解説(サリカ法典の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サリカ法典
サリカほうてん
Lex Salica

現在のベルギーに建国したサリ系フランク族の慣習法を成文化したもの。ゲルマン諸部族法典中,最古の代表的法典で,かつゲルマン固有法の要素を最も強く保有している。その基本テキストクロービス王の末年,508~511年に成立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サリカ法典【サリカほうてん】

サリ系フランク族の古法典。lex Salicaという。中世ゲルマン部族法のうち最も代表的なもの。クロービス1世の末年(6世紀初め)ごろ成立。おもに慣習法を記録し,ゲルマン古法を保持している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サリカほうてん【サリカ法典 Lex Salica】

フランク部族の一支族サリ人の部族法典。ゲルマン部族法(典)のひとつ。約80もの写本(最も古いものが8世紀後半,大多数は9世紀以降の作成)によって幾種類かのテキストが今日に伝わっているが,この法典の最古の(原初)テキストはおそらくフランク王国の建設者クロービスの治世の晩年(507‐511)に成立したものと推定される。後になって序文と跋文が付加され,また後代のメロビング朝諸国王の制定法が付加された。序文はフランク建国以前に行われた法の判告にもとづいてこの法典が成立したことを伝えているが,諸部族法典の中でゲルマン古法の伝統(古来の慣習法)を多く保持するものとして注目される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

サリカほうてん【サリカ法典】

ゲルマン部族法典のうち最も代表的なもの。フランク部族の一支族サリ人の部族法典。レークス-サリカ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サリカ法典
さりかほうてん
Lex Salicaラテン語

フランク人の一分派サリ支族の法典で、ゲルマン部族法典中もっとも重要なものである。部族法典とは、ゲルマン系諸部族が口頭で伝承してきた慣習法が、ある時点で成文化されたものと考えられるが、原法典は残存しておらず、後代の写本が残っているだけで、しかも各写本の間にはかなり大きな異同があり、当然最初の成文化以後にも、新しい追加、補足があったと考えられる。
 サリカ法典も、現在の写本は約80種、普通これを5群に分類するが、65章からなる古い形と、70章ないし99章からなる新しい形とに大別され、古い形は本文のラテン語の名詞に相当するフランク語を注記した「マルベルク注解」を含むのが特徴である。原法典の成立年次に関しても諸説があるが、クロービス治世の末年、6世紀初頭とみなす見解が有力である。法典の内容は刑法的規定が大部分であり、最近の研究者は、部族法典、とりわけサリカ法典は、各種の犯罪行為に対する罰金のカタログであると特徴づけている。[平城照介]
『久保正幡訳『サリカ法典』(1949・弘文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサリカ法典の言及

【アマ(亜麻)】より

…【堀田 満】
[ヨーロッパにおける利用の歴史]
 エジプト,バビロニア,フェニキアなどの古代文化においてすでに亜麻が用いられていたことはミイラの布などからも明らかである。6世紀初頭に成立したとみられるサリカ法典においても〈誰かが他人の畑地より亜麻を盗み,しかしてそれを馬もしくは荷車にて運び去りたる場合,彼は同じ物あるいは同価のものや贖罪(しよくざい)金の他600デナリウスすなわち15ソリドゥスの責あるものと判決せらるべし〉(27章8節)とあり,亜麻がヨーロッパ大陸においても貴重な素材であったことがわかる。亜麻はときには支払手段としても用いられていた。…

【王国基本法】より

…(2)女性ならびに庶子は王位相続から除外される。これはサリカ法典によるもので,1358年に援用され,1593年に追認された。(3)国王の成年は13歳とされ,未成年の間には摂政がおかれる。…

【ゲルマン部族法】より

…同じくエウリック王法典を基礎にして,ブルグント部族法典(480‐501年グンドバード王の発布)が成立した。ついでフランク人の最古の法記録であるサリカ法典(507‐511成立)が,このブルグント部族法典かエウリック王法典を利用して起草された。7世紀に入ると,フランク法の強い影響下にリブアリア法典が制定される。…

【フェルナンド[7世]】より

…また,アメリカ植民地の独立運動を阻止するだけの能力も有していなかった。晩年の4度目の結婚で初めて2人の娘に恵まれ,男子の王位継承を定めたサリカ法典を廃止し,長女に王位を譲渡できるようにした。33年7月30日,議会(コルテス)は彼女を王位継承者(イサベル2世)として認めたため,第1次カルリスタ戦争が勃発し,スペインは分裂状態に陥った。…

※「サリカ法典」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サリカ法典の関連キーワードフランク族ランゴバルド法アレマン部族法典ザクセン部族法典チューリンゲン部族法典西ゴート部族法典バイエルン部族法典部族法典付加勅令フリース部族法典ブルグント部族法典

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サリカ法典の関連情報