コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルル1世 カルルいっせい Karl I

1件 の用語解説(カルル1世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルル1世
カルルいっせい
Karl I

[生]1887.8.17. ペルゼンボイク城
[没]1922.4.1. クインタドモンテ
最後のオーストリア皇帝 (在位 1916~18) ,カーロイ4世としてハンガリー王 (在位 16~18) 。第1次世界大戦中,連合国側と和平交渉に入り,1918年 10月「国家危機の切迫にあたり」と題する宣言を発してハプスブルク帝国を民族の自治に基づく連邦に改組しようと試みたが,時すでに遅く,革命運動を前に統治権を放棄した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルル1世の関連キーワードピルゼンアルゼンチンタンゴ煙管ボイラーコンボイ水管ボイラー禅法ピルゼンビールプルゼニュアンボイナ島エンボイ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone