コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロービス Clovis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロービス
Clovis

アメリカ合衆国,ニューメキシコ州東部の都市。テキサス州との境に位置し,周辺は 1000m余の高原地帯。 1906年サンタフェ鉄道の分岐点として創設。地名はフランク王クロービスにちなむ。灌漑農業牧畜中心地。家畜市や飼料加工場,農産物市場などがある。 31km南方のポートレールには,イースタンニューメキシコ大学 (1934創立) がある。人口3万 954 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クロービス【Clovis】

465ころ‐511
フランク人の王。在位481‐511年。ゲルマン人サリ支族のシルデリック1世の息子で,481年ころトゥールネー(今日のベルギーの南西部,ドゥールニク)の小王国を相続するが,ガリア全土の征服を企てる。486年ソアソンシアグリウスを破って領土をロアール川まで押し広げた後,同族のほかの小王を排除。491年チューリンゲン族を,495‐496年とおそらく505‐506年アラマン族を攻撃し,さらに509年ころケルンのリブアリ族の王シゲベルトとその息子を殺害して,ライン川左岸に覇権を確立。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

クロービス【Clovis】

466頃~511) メロビング朝フランク王国の初代王(在位481~511)。五世紀末にフランク族を統一し、王国を創建。カトリックに改宗してローマ教会と結び、フランク発展の基礎を固めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のクロービスの言及

【フランク王国】より

…486‐987年。5世紀末に,クロービスがフランクFrankの全部族を統合し,北ガリアに部族王国を建てたのに始まり,他のゲルマン系諸部族・諸国家を次々と征服して,西ヨーロッパの大部分の政治的統一を達成し,カール大帝は800年,ついに皇帝の称号を帯びるにいたるが,ベルダン条約(843)で帝国は三つに分割され,さらにメルセン条約(870)により東フランク王国と西フランク王国が並立する。フランク王国の政治史的発展については〈メロビング朝〉〈カロリング朝〉の項に譲り,ここではフランク王国の政治構造,社会構成,経済状態,文化的貢献,さらにフランク王国をめぐる国際関係などを取り扱う。…

【フランクフルト・アム・マイン】より

…まもなく国境防衛線リメスlimesの構築とともに放棄され,その北に軍都ニダNidaの建設をみた。3世紀中葉アラマン族の侵入をうけたが,6世紀初頭フランク族の王クロービスが,これを南方に駆逐して以来,河畔の地はライン・マイン流域に広がる王領管理の中心となった。〈フランク族の(マイン川)渡河点〉を意味する地名Franconofurdは,この時期につけられたといわれ,これが現在のフランクフルトの呼称のもととなった。…

【メロビング朝】より

…5世紀後半,フランク諸部族はシュタム(部族国家)ではなく,ガロ・ロマン的都市をもとに小国家群を形成した。ヒルデリヒの子クロービスはローマ同盟者としての軍命令権を用いて,自家権力を強化し,同族の諸小王とソアソンのシアグリウスのローマ人国家を滅ぼし(486),カトリック改宗により,アクイタニア(アキテーヌ)への勢力伸張を決定づけ,戦略拠点パリを王都とし,ライン川からガロンヌ川までを支配した。そのあとを継いだ4人の息子たちは,同領域を,ライン,ロアール両河間のフランキアとアクイタニアとに分け,それらを平等分割相続した。…

【ユリ(百合)】より

… さて,ユリはフランスのブルボン家の紋章になっているが,その由来はこうだ(ただしブルボン家の紋花fleur‐de‐lisをユリではなくアイリスと解する説もある)。フランク王家の開祖クロービス(在位481‐511)がアラマン族と戦い,苦戦したときのことである。味方は敵の攻勢を支えきれず危うく敗走しそうになった。…

※「クロービス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

クロービスの関連キーワードグレゴリウス(歴史叙述者)グレゴリウス(トゥールの)ジギスムント[ブルグンド]クロタール(1世)アラリック(2世)クロービス(1世)アントゥルスチオアラマン(民族)サン・レミ聖堂アラリック2世ジゲベルト3世クロービス文化コルビー修道院クロタール1世ダゴベルト1世アメリカ合衆国サンレミ聖堂ランス大聖堂フランク民族マルティヌス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android