コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルッツォ Saluzzo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルッツォ
Saluzzo

イタリア北西部,ピエモンテ州クネオ県の町。トリノ南南西約 50km,ポー川上流域に位置する。 1142~1548年サルッツォ侯国の首都。のちフランス領となり 1601年サボイア領となる。鉄道の分岐点であり,また有名なクリの産地。織物,食品加工業が主産業。古風な家具の再生産でも知られる。人口1万 5829 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サルッツォの関連キーワードカルロ・エマヌエレ1世ミラノのドゥオーモサボイア家ペッリコ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android