コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルティヨ サルティヨSaltillo

1件 の用語解説(サルティヨの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルティヨ
Saltillo

メキシコ北部,コアウイラ州の州都。同州南東部,東マドレ山脈中の標高約 1600mの高原にある。農牧地帯の商工業中心地で,農産物の集散を行うほか,毛織物,編物製品,製粉,化学,農業機械などの工業が立地。特にサラペと呼ばれる肩掛けなどにする毛織物で有名。 1575年スペイン人によって建設された古い町であるが,18世紀建造の美しい大聖堂以外,植民地時代の建物はほとんど残っていない。涼しく乾燥した気候に恵まれるため,夏の保養地としても知られる。コアウイラ大学 (1867) 所在地。近くに金,銀,銅,鉛,亜鉛,鉄,石炭などの鉱山がある。交通の要地で,道路が四通し,アメリカ合衆国との国境の町ピエドラスネグラスとメキシコ市を結ぶ幹線鉄道が通る。人口 44万 845 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サルティヨの関連情報