コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルバ・ダルシャナ・サングラハ Sarva-darśana-saṃgraha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルバ・ダルシャナ・サングラハ
Sarva-darśana-saṃgraha

インドの哲学者マーダバの著書。 14世紀頃成立。インドの諸哲学体系の綱要書。唯物論は最も低級な学説として最初に論述,次に仏教,ジャイナ教,さらに正統派の諸哲学を述べて,最後に最高のものとして不二一元論を説いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サルバ・ダルシャナ・サングラハの関連キーワードラセーシュバラ派

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android