コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルミゼゲトゥサ Sarmizegetusa

デジタル大辞泉の解説

サルミゼゲトゥサ(Sarmizegetusa)

ルーマニア中西部、トランシルバニアアルプスオラシュチエ山脈の村グラディシュテア‐デ‐ムンテにある要塞跡。紀元前1世紀頃、ダキアの諸部族を統一したブレビスタ王が同地をダキア王国の首都と定め、古代ローマの侵入に備えて要塞を建造。1999年に「オラシュチエ山脈のダキア人の要塞群」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android