コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サレルノ医学校(読み)サレルノいがっこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サレルノ医学校
サレルノいがっこう

9世紀初めから 14世紀にかけてイタリアのサレルノにあった医学校。初期の状況は不詳であるが,ギリシア,ローマ,サラセン,ユダヤの諸民族がここに学び,同校出身者がヨーロッパ各地で活躍した。記録に残るサレルノ医学校は,12~13世紀にヨーロッパ各地に輩出した大学の前駆をなすとともに,西欧医学とアラビア医学や東方の医学を結合せしめ,アラビアに継承されたギリシア医学を再びヨーロッパに回帰させ,近代医学の基盤を築いた。また,"Regimen sanitatis Salernitanum" (サレルノ養生訓) は,3520編の詩によって養生法を教えたもので,同校で用いた教科書の一つであるが,このなかの多くが各国語に訳され,後世まで一般の人々の間にも広く養生訓として用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android