コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

養生訓 ようじょうくん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

養生訓
ようじょうくん

貝原益軒著。8巻。正徳3 (1713) 年成立。益軒十訓の一つ。健康保持の観点から日常生活の心得を説いたもので,総論飲食飲酒飲茶,慎色欲,五官,二便,洗浴,慎病,択医,用薬,養老,育幼,鍼,灸法の各項から成る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ようじょうくん〔ヤウジヤウクン〕【養生訓】

江戸中期の教訓書。8巻。貝原益軒著。正徳3年(1713)成立。和漢事跡と体験に基づき、心身の健康と長寿を保つ養生法を通俗的に記したもの。益軒十訓の一。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

養生訓【ようじょうくん】

江戸時代の代表的な養生法指導書。8巻。貝原益軒(かいばらえきけん)著。1713年の成立。84歳の益軒が中国の養生書と自分の体験に基づき,精神・肉体両面から日常的健康法を記述したもの。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようじょうくん【養生訓】

江戸時代の代表的な養生法指導書。貝原益軒が1713年(正徳3)84歳のときに大成したもの。8巻。中国医書からの取捨選択と自分の体験に基づき養生法を精神・肉体両面から懇切・具体的に述べたもので,総論,飲食,飲茶,煙草,慎色欲,五官,二便,洗浴,慎病,択医,用薬,養老,育幼,鍼,灸法の項目からなる。ひろく愛読されてきたが,今日の老年者に示唆するところも少なくない。【井上 忠】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ようじょうくん【養生訓】

教訓書。八巻。貝原益軒著。1713年成立。健康維持について、和漢の説を引用しつつ通俗的・具体的に説いた書。益軒十訓の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

養生訓
ようじょうくん

江戸中期の1713年(正徳3)に出た大衆衛生書で、貝原益軒(かいばらえきけん)の晩年の著。四巻。父の指導で早くから医薬知識をもった益軒はその後も研鑽(けんさん)を続け、53歳のとき高弟竹田定直(さだなお)の助力で古来の中国医書から養生に関する語を選び、『頤生輯要(いせいしゅうよう)』五巻を編した。それからの取捨選択と、さらに自分の体験に基づきまとめたもの。要旨は、内欲(飲食、性欲)を抑え、外邪(寒熱)を防ぐことにあり、主体的な健康維持への努力を強調しており、総論、飲食、飲茶、煙草(たばこ)、慎(しん)色欲、五官、二便、洗浴、慎病、択医、用薬、養老、育英、鍼(はり)、灸(きゅう)の各項が事実に即した考えをもとに具体的に詳論される。もちろん、陰陽思想に基づく迷信的な面もあるが、薬万能の現代への警告として、また老人の生き方を説く書として再評価されている。[井上 忠]
『『益軒全集 第三巻』(1911・隆文館) ▽『益軒十訓 下巻』(有朋堂文庫) ▽松田道雄編『日本の名著 貝原益軒』(1969・中央公論社) ▽荻原井泉水著『益軒養生訓新説』(1975・大法輪閣) ▽伊藤友信訳『養生訓――全現代語訳』(講談社学術文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

養生訓の関連キーワードサレルノ医学校サレルノ大学杉 靖三郎小川顕道公衆衛生大和本草食い合せ枸杞飯食合せ未病豊腴事業靉靆