コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンカルロスデバリロチェ San Carlos de Bariloche

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンカルロスデバリロチェ
San Carlos de Bariloche

アルゼンチン中南部,リオネグロ州西部の都市。チリとの国境に近いアンデス山脈中にある観光・保養都市で,ナウエルワピ湖南岸に位置する。周辺一帯は国立公園に指定されている風光明美の地で,市はその観光中心地として発展。市内にはホテルやペンションなどの宿泊施設が完備し,1905年スイス人移住者によって導入されたスイスの山荘風の建物も多い。大西洋岸のバイアブランカから州都ビエドマを経て西に延びる鉄道が市まで通じるほか,道路によりネウケン,チリなどと結ばれる。人口4万 8980 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サンカルロスデバリロチェの関連キーワードナウエルワピ国立公園チュブト川オソルノ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android