サンガスタジアム by KYOCERA(読み)さんがすたじあむ ばい きょうせら

知恵蔵miniの解説

サンガスタジアム by KYOCERA

京都府亀岡市にある球技専用スタジアムの愛称。正式名称は「京都府立京都スタジアム」。2020年開設。収容人数は約2万1600人。全席が屋根に覆われ、客席フィールドの距離が近い臨場感のある造りとなっている。Jリーグ加盟のプロサッカークラブ・京都サンガF.C.の本拠地で、同チームの試合のほか、サッカーやラグビーなどの国際試合、音楽イベントなどにも使用される。運営元は、スポーツ施設経営の株式会社ビバと京都サンガF.C.の運営会社である株式会社京都パープルサンガの2社が設立した特定目的会社、合同会社ビバ&サンガ。19年に京セラ株式会社が20年間、計20億円で命名権を取得している。

(2020-1-15)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンガスタジアム by KYOCERAの関連情報