コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラグビー Rugby

翻訳|Rugby

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラグビー
Rugby

イギリスイングランド中部,ウォリックシャー県東部の町。周辺を含めてラグビー地区を構成する。バーミンガムの東南東約 40kmに位置する。ウィリアム1世の土地調査書『ドゥームズデイ・ブック』(1086)に記される古い町であるが,発展は 19世紀に鉄道が通じてからである。豊かな農牧地帯の商工業中心地で,大規模な電機工場や自動車工場が立地する。1567年創立のラグビー・スクールはイギリスの著名パブリック・スクールの一つで,ラグビーフットボール(→ラグビー)発祥の地として知られ,トマス・ヒューズの小説『トム・ブラウンの学校時代』Tom Brown's School Days(1857)はこの学校を舞台としている。地区面積 356km2。地区人口 8万7449(2001)。都市人口 6万1988(2001)。

ラグビー
rugby football

15人編成の 2チームが,楕円形のボールを手や足で扱い,相手のインゴールにボールを持ち込むトライ,ドロップキックによってクロスバーを通過させるドロップゴールなどによって点を取り合う球技。ラグビーフットボールの略称。1823年イギリスのラグビー・スクールでのフットボールの試合中,ウィリアム・ウェッブ・エリス少年がボールを持ったままゴールに走ったことをきっかけにして生まれたものといわれる。1871年イングランド・ラグビーユニオン RFUが設立され,以後盛んになった。日本へは 1899年イギリス人エドワード・ブラムウェル・クラークと田中銀之助によって紹介され,1926年日本ラグビー蹴球協会(のちの日本ラグビーフットボール協会)が設立された。競技場はタッチライン 100m以内(デッドボールラインまでを含めると 144m以内),ゴールライン 70m以内の長方形で,ゴールライン中央に 2本のゴールポストに渡した高さ 3mのクロスバーを設置する。競技時間は国際試合では 40分以内ずつ前後半に分けて行ない,間に 15分以内の休憩を設ける。チームはフォワード 8人,バックス 7人で構成され,フォワードはスクラムを組むなど狭い範囲でボールを奪い合うときにまとまって動く。バックスは広い範囲を走り,ボールを効果的に回す。いずれのポジションの選手もボールをパスしたり,キックしたり,あるいはボールを持って走ることができる。審判員はレフェリー 1人,タッチジャッジ(またはアシスタントレフェリー)2人。ルールは毎年,ラグビーの国際組織であるワールドラグビー World Rugbyの総会で見直しが検討される。15人制はアマチュアゲームとして始まったものでラグビーユニオンと呼ばれ,プロフェッショナルなゲームとして始まった 13人制のラグビーリーグがある。7人制ラグビーもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ラグビー(rugby)

フットボールの一種。15人ずつの2チームが、一定の規則のもとに、楕円形のボールを奪い合い、相手のゴールライン内の地面にボールをつけるか(トライ)、またはペナルティーキックドロップキックなどによって得点を争う競技。英国のラグビースクールの学生がフットボールの試合中に、ルールを無視してボールを抱えて走り込んだところから、1823年に始まったものといわれる。ラ式蹴球。ラグビーフットボール。 冬》「―や青雲一抹あれば足る/草田男
[補説]得点の種類と点数
トライ5点
ペナルティートライ5点
コンバージョンゴール2点
ペナルティーゴール3点
ドロップゴール3点

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ラグビー

球技の一種。正式にはラグビー・フットボールrugby footballラガーruggerもラグビーの別称。1823年英国のパブリック・スクールであるラグビー校でのフットボール(現在のサッカーの原形)の試合中エリス少年William Webb Ellis〔1807-1872〕がボールをかかえて走ったのが契機となって生まれたといわれているが,異説もある。
→関連項目オール・ブラックスフットボール

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

とっさの日本語便利帳の解説

ラグビー

ラグビー(Rugby)▼英国ウォリックシャーの都市。「ラグビー・フットボール(rugby football)」は、この地の有名なパブリックスクール(主として上・中流階級の子弟のための寄宿制私立中等学校)、ラグビー校(Rugby School)が発祥の地で、初めて競技が行われたのは一八二三年のこと。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ラグビー

スイスの作曲家アルチュール・オネゲルの管弦楽曲『交響的楽章』第2番(1928)。原題《Rugby》。ラグビーを音楽で表現することを試みた作品として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラグビー【rugby】

球技の一種で正称を〈ラグビーフットボールrugby football〉という。ラグビーという名称は,イギリスのパブリック・スクールの校名(ラグビー校)にちなんで名づけられたもの。ラグビーには(1)アマチュアのラグビーである〈ユニオンラグビーunion rugby〉(15人制または7人制)と,(2)プロフェッショナルのラグビーである〈リーグラグビーleague rugby〉(13人制)とがある。ラグビー創始以前のフットボールについては〈サッカー〉の項を参照されたい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ラグビー【rugby】

〔イギリス、イングランド中部のパブリック-スクール、ラグビー-スクールの名から〕
両チーム一五人ずつの選手が、楕円形のボールを手で持ち運んだり足で蹴ったりして、相手のゴールに持ち込み得点を競う球技。ラグビー-フットボール。ラ式蹴球。ラガー。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のラグビーの言及

【オフサイド】より

…サッカーやラグビーやアメリカン・フットボールなどのフットボール系統の競技や,ホッケーやアイスホッケーといったスティックを使う球技,それに水球などで,相手ゴール方向への行動を制約している規定。一般的にボール(アイスホッケーではパック)を支配保持していないプレーヤーが対象で,ボールよりも前方の,ルールに定められた侵入禁止地域やプレー禁止地域に位置すること,およびその地点でプレーする反則をいう。…

※「ラグビー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラグビーの関連キーワードNTTコミュニケーションズシャイニングアークスコカ・コーラウエストレッドスパークス東京ガスラグビーフットボールクラブ神戸製鋼コベルコスティーラーズサントリーフーズサンデルフィス九州電力キューデンヴォルテクスNTTドコモレッドハリケーンズ三菱重工相模原ダイナボアーズ日野自動車レッドドルフィンズジャパンラグビートップリーグトヨタ自動車ヴェルブリッツレッドエボリューションズ横河武蔵野アトラスターズNECグリーンロケッツ豊田自動織機シャトルズ三洋電機ワイルドナイツキューデンヴォル太くんサントリーサンゴリアス福岡サニックスブルース日本IBMビッグブルー

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラグビーの関連情報