コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンクトゥス 〈ラテン〉Sanctus

デジタル大辞泉の解説

サンクトゥス(〈ラテン〉Sanctus)

《聖なるかな、の意》ミサ典礼の式文の一。感謝の賛歌。→ミサ曲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

サンクトゥス【Sanctus】

ミサの式文の一。感謝の賛歌。「聖なるかな」の句で始まる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンクトゥス
さんくとぅす
sanctusラテン語

ミサ典礼における聖歌の一つで、「聖なるかな」の意。また、五つの通常文聖歌からなる多声ミサ曲の第4章をいう。その場合、後半の「ベネディクトゥス」の部分が独立した章として扱われることもある。さらに、レクイエムの一章としても用いられる。[今谷和徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のサンクトゥスの言及

【ミサ曲】より

…カトリック教会のミサの式文から〈キリエ〉(あわれみの賛歌),〈グロリア〉(栄光の賛歌),〈クレド〉(信仰宣言),〈サンクトゥス〉(感謝の賛歌),〈アニュス・デイ〉(平和の賛歌)の5曲一組で作曲したものをいう。以上のような通常式文のほかに,ミサの挙式日や目的などによって定められた固有式文を併せて作曲したものもある。…

※「サンクトゥス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サンクトゥスの関連キーワードバッハ(Johann Sebastian Bach)エキュメニズムミサ通常文ミサ典文

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android