コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンジャン大司教教会 サンジャンだいしきょうきょうかい

1件 の用語解説(サンジャン大司教教会の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンジャンだいしきょうきょうかい【サンジャン大司教教会】

フランス南東部、ローヌアルプ地方の中心都市リヨン(Lyon)、フルヴィエールの丘の麓の旧市街に建つ司教座聖堂カテドラル)。もともと初期キリスト教の洗礼堂などの建物があった場所に、1180~1480年にかけて建設された。この時期はロマネスクからゴシック様式への移行期にあたり、2つの建築様式が入り混じった建物になっている。リヨンは、フランク王国のカロリング王朝の時代(7~9世紀)には司教座が置かれ、14世紀初めにフランスに併合されるまで大司教が治めていた都市。そうした時期に建てられたこの教会は、フランス王ルイ9世(1214~1270年)の墓所があるほか、1600年にフランス王アンリ4世結婚式をあげたことでも知られる。内部には14世紀の天文時計や、聖ペテロと聖パウロを描いたステンドグラスをもつマリア礼拝堂がある。◇教会堂を含むリヨンの歴史地区(旧市街)が、世界遺産に登録されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンジャン大司教教会の関連キーワードエクスレバンドーフィネリヨンローヌ川アヌシー湖チーニュテロー広場ブルジェ湖フランスのぶどう収穫祭

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone