コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタルチア港 サンタルチアこう

世界の観光地名がわかる事典の解説

サンタルチアこう【サンタルチア港】

イタリア南部の都市ナポリ(Napoli)にある港で、イタリア民謡「サンタルチア」で知られる、ナポリの観光名所の一つ。サンタルチア港に突き出た小島に建つ卵城(カステロデローヴォ、Castel dell'Ovo)には、ローマ帝国時代の執政官ルクルス(Lucius Licinius Lucullus、紀元前118~紀元前56年)の豪華な別荘があったが、11世紀には、この地を支配したノルマン人のオートヴィル家が要塞を築いた。「この卵が割れるのは、この城とナポリに危機が訪れたときだ」として、基礎に卵を埋めたのが城の名称の由来といわれる。卵城からは、サンタルチア港やナポリ湾岸にある火山ヴェスヴィオ山を見渡すことができる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

サンタルチア港の関連キーワードナポリを見てから死ねナポリ王宮ナポリ大聖堂ナポリ臨海実験所オルテーゼクォーココレッタジャンノーネセラオ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android