コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタロサ Santa Rosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンタロサ
Santa Rosa

アルゼンチン中部,ラパンパ州州都。首都ブエノスアイレスの西南西約 550km,パンパスと呼ばれる広大な草原地帯の南西部にある。 1892年建設され,農牧地帯の中心地として発展。州東部に産する穀物と家畜を集散し,市内には食肉乳製品製粉などの工場が立地する。同州の文化中心地で,国立ラパンパ大学 (1958) ,博物館,劇場などがある。首都から鉄道,道路が通じる。人口7万 8057 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サンタロサの関連キーワードバハカリフォルニアスル州ビクーニャ・マケンナラアスンシオンフロレスレイエスクイラパリベリア

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンタロサの関連情報