コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンティニケタン サンティニケタンSantiniketan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンティニケタン
Santiniketan

インド北東部,ウェストベンガル州北西部の大学の町。行政的にはボルプル町 Bolpur (人口5万 2866〈1991〉) の一部。コルカタ (カルカッタ) から 154km北西に位置。 1863年ラビーンドラナート・タゴール (タークル) の父デーベーンドラナート・タークルがここに瞑想の場であるサンティニケタン=アスラマを創立。さらに息子タゴールが 1901年に教職員,学生が一体となり,自由と信頼の学風をもつ新たな実験的学校ブラーマ=ビディヤラヤを創設し,1921年にはこれがビシバ=バーラティ大学となった。東西の文化に基礎をおくこの大学には,インド各地をはじめ東南アジアなどから教員,学生が集まる。教育,工学,農学,美術,音楽などの各カレッジや東南アジア研究所,農村経済研究所,大規模な寮などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サンティニケタンの関連キーワードアマルティア センシャンティニケタンセン

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android