コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンデモーセ Aksel Sandemose

世界大百科事典 第2版の解説

サンデモーセ【Aksel Sandemose】

1899‐1965
ノルウェーの小説家。デンマーク生れだが,30歳で母の故郷ノルウェーに移る。ノルウェー語で書いた最初の小説《陸に上がった水夫》(1931)は船から逃げた主人公エスペンが敬愛する友人を殺した行為の心理的要因を自ら探索・分析する連作の第1作。ナチス時代スウェーデンで書いた《消えたのは夢》(1944),戦後の《アリスと恋人たち》(1949),《人狼》(1958)など,常に人間の内奥にひそむ暗い衝動を探る。【毛利 三弥】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サンデモーセの関連キーワード[各個指定]芸能部門ゴダール(Jean-Luc Godard)森一生チャーチル(Sir Winston Leonard Spencer Churchill、政治家)アニオン電着塗装シャブロル新藤兼人中平康山本薩夫リジェンダー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android