コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンボアンガ半島 サンボアンガはんとうZamboanga Peninsula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンボアンガ半島
サンボアンガはんとう
Zamboanga Peninsula

フィリピン,ミンダナオ島西部の半島。行政的にはサンボアンガデルノルテ,サンボアンガデルスル,ミサミスオクシデンタルの3州に分れる。脊梁山脈が海岸近くに迫り,森林におおわれた山地が大部分を占める。 17世紀からスペイン総督が軍隊を派遣してイスラム教徒先住民を制圧,キリスト教徒を移住させた。農業が主産業で,イネ,トウモロコシ,ココヤシ,ゴムなどを栽培し,コプラは重要な輸出品。林業も盛んで,良質のマホガニー材で知られる。シブゲ半島は良質の鉄鉱を産する。中心都市はサンボアンガで,北東部の平野にディアポログ,ダピタン,パンギル湾岸にオサミス,南東岸にパガディアンなどの町がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サンボアンガ半島の関連キーワードサンボアンガデルノルテ州ミサミスオクシデンタル州サンボアンガデルスル州ミンダナオ[島]ディポログバシラン島

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android