コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンボアンガ サンボアンガZamboanga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンボアンガ
Zamboanga

フィリピン,ミンダナオ島西部,サンボアンガ半島先端にある市。沖合いをバシラン島に守られた良港がある。 1636年にスペイン人が要塞を建設,イスラム教徒鎮圧の基地とした。港は同国第4位の貿易港で,フィリピン南部の通商の中心。マホガニーなどの硬木材,コプラマニラアサ,水産品,果実などが輸出される。貝殼やその加工品,真鍮細工,青銅細工を特産。気温は年平均 26.9℃であるが,12月~5月の乾季は過しやすく,中心街に立並ぶスペイン風建造物,風光明美な海浜などにより,観光都市としても発展している。人口 44万 4000 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

サンボアンガ

フィリピン,ミンダナオ島南西,同名の半島の先端にある港湾都市。1936年特別市(政令都市)となる。1635年スペイン人がイスラム教徒(モロ)の制圧のためこの地に要塞(ようさい)を建設したことに由来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サンボアンガ【Zamboanga】

フィリピンのミンダナオ島南西部,サンボアンガ半島南端に位置する都市。人口51万1000(1995)。1635年,イスラム教徒フィリピン人による北部フィリピン攻撃を出撃地点近くで制圧するために,スペインがここに要塞を建設したのが町の始まりである。市内に今なお残るピラール要塞がそれで,幾度かの攻撃を受けて放棄と再建が繰り返された。アメリカ統治下になってからの治安改善,それに伴う域内の地下資源森林資源の開発,ココヤシやゴムなどのプランテーション開発の進展が,中・北部フィリピンからの移住者の急増をもたらし,市の地理的位置の有利性と相まって南西部フィリピンの交易・行政中心地に成長した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

サンボアンガ【Zamboanga】

フィリピン、ミンダナオ島の西端部に位置する港湾都市。カトリック・イスラム両文化圏の接点に当たる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンボアンガ
さんぼあんが
Zamboanga

フィリピン南部、ミンダナオ島南西端の港湾都市。スル海とモロ湾を結ぶ海運の要衝で、コプラなどの積出し港である。人口60万1794(2000)。スペイン植民地時代にはイスラム教徒(「モロ」という蔑称(べっしょう)でよばれていた)制圧の拠点であった。1635年建設のピラール要塞(ようさい)、リオ・ホンドーの水上集落、サンタ・クルス島などがあり観光客が多い。セブアノ語のほか、スペイン語が土着化したチャバカノ語も使われている。[高橋 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サンボアンガの関連情報