脊梁山脈(読み)せきりょうさんみゃく

日本大百科全書(ニッポニカ)「脊梁山脈」の解説

脊梁山脈
せきりょうさんみゃく

大陸・島弧・半島・島などを縦走または横切り、主分水嶺(ぶんすいれい)となっている山脈をいう。南アメリカのアンデス山脈、オーストラリアの大分水嶺山脈、日本の本州島にある飛騨(ひだ)・木曽(きそ)・赤石三山脈などはその例である。

[有井琢磨]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「脊梁山脈」の解説

せきりょう‐さんみゃく セキリャウ‥【脊梁山脈】

〘名〙 その地方の主要な分水界を形成する山脈。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉三三「山陽道と山陰道を分ける中国の脊梁山脈の北側に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「脊梁山脈」の解説

せきりょう‐さんみゃく〔セキリヤウ‐〕【脊×梁山脈】

ある地域の背骨に相当するような大山脈で、分水界となるもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android