脊梁山脈(読み)せきりょうさんみゃく

日本大百科全書(ニッポニカ)「脊梁山脈」の解説

脊梁山脈
せきりょうさんみゃく

大陸・島弧・半島・島などを縦走または横切り、主分水嶺(ぶんすいれい)となっている山脈をいう。南アメリカのアンデス山脈、オーストラリアの大分水嶺山脈、日本の本州島にある飛騨(ひだ)・木曽(きそ)・赤石三山脈などはその例である。

[有井琢磨]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「脊梁山脈」の解説

せきりょう‐さんみゃく セキリャウ‥【脊梁山脈】

〘名〙 その地方の主要な分水界を形成する山脈。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉三三「山陽道と山陰道を分ける中国の脊梁山脈の北側に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android