コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ココヤシ

3件 の用語解説(ココヤシの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ココヤシ

 [Cocos nucifera].ヤシ目ヤシ科ココヤシ属の高木で,果実からココナッツ油などを得る.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ココヤシ

熱帯アジア原産といわれる代表的なヤシで,広く全世界の熱帯に分布し,また各地で栽培される。幹は円柱状で高さ30mを超え,直径は30cm内外。開花後1年で果実が成熟する。
→関連項目アラクココナッツミルクヤシ(椰子)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ココヤシ
ここやし
coconutcoconut palm
[学]Cocos nucifera L.

ヤシ科ココヤシ属、1属1種のヤシ。Cocoポルトガル語でサルを意味し、種子の核に1個の珠孔と2個の珠孔痕(こん)があり、これがサルの口と目に似ることによる。幹は単幹で高さ20~30メートル、径30~70センチメートル、多少波状に伸び傾斜ないし直立する。葉は披針(ひしん)形で直伸し全裂羽状葉、長さ4~6メートルで光沢のある鮮緑色。小葉は長さ1~1.5メートルで中軸の両側に逆V字状に着生し、中軸、中脈とも明緑色。葉柄は自然に落下して幹肌に波状紋を残し、枯れ葉をみせない。熱帯のものは緑葉のままで斜め下方に垂れ、気温不足のときは枯れ葉が残るが水平以下には垂れない。雌雄同株で単性花をつける。花序は長さ1~1.5メートル、花は乳白色。雄花は小さく雌花は径10~30センチメートル。果実は3稜(りょう)がある楕円(だえん)形で横径10~30センチメートル。色は橙黄(とうこう)色(変種のキングココヤシking coconut, golden palm/var.aurea hort.)、赤褐色、白色、緑色の4色。外果皮は薄いが、中果皮は厚い繊維質、内果皮(核)は黒褐色の角質で硬く、珠孔内に胚(はい)があり、まれに2、3個の胚をもつものもある。胚乳(仁)は、未熟果では水液が充満し(ココナッツミルク)、成熟果では白い果肉となる。
 30種以上の変種があり、アジア、アフリカ、ヨーロッパの熱帯の海岸に果実が漂着して広い範囲に生育する。熱帯を象徴する代表的なヤシで、観賞用のヤシ林とするほか鉢植えにもする。繁殖は実生(みしょう)により、30℃で30日くらいで発芽する。[佐竹利彦]

利用

熟した果実の胚乳を取り出し、天然または人工乾燥したものがコプラである。コプラからやし油(ゆ)をとり、そのかすは肥料や家畜の飼料とする。やし油は料理に用い、マーガリン、せっけん、ろうそく、金属熱処理用などの原料とする。果肉を細く紐(ひも)状にして乾かしたものがココナッツ(干しやし)で、カレー料理の付け合わせや、酒のつまみ、菓子材料に使われる。若い果実の中にあるココナッツミルクは、わずかに酸味があって甘く、乾燥地では重要な清涼飲料となる。また、栄養分に富み植物培養の培地に添加される。花序を切除し、その切り口からあふれ出る液をトディtoddyとよび、それを発酵させてやし酒アラックarrackをつくり、また酢もつくる。中果皮の太い繊維(コイアcoir)は刷毛(はけ)、敷物、縄などに用いる。種子は堅くて工芸材料にもなり、また焼くと良質の木炭になり、ガス色素などの濾過(ろか)吸収炭として高く評価される。[飯塚宗夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ココヤシの関連キーワードマルメロマンゴスチンヤムライムギニラソラマメニンニクマクワウリワケギ小笠原の外来植物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ココヤシの関連情報