コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーク島 サークとうIsland of Sark

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーク島
サークとう
Island of Sark

イギリス海峡南部にあるイギリス領チャネル諸島の島。ガーンジー島の東約 10kmにある小島で,面積約 5km2地峡で結ばれた北の大サーク島と南の小サーク島から成る。ウィリアム1世がモンサンミシェル大修道院に同島を 1040年頃寄進したのが最も古い歴史の記録。島では自動車交通が禁止され,現在も封建領主制が残っている。主産業は酪農を中心とした農業で,観光地ともなっているが,宿泊施設が限られるため,ガーンジー島からの日帰り観光が中心。人口 500 (1986推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サーク島の関連キーワードチャネル[諸島]

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android