コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地峡 ちきょうisthmus

翻訳|isthmus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地峡
ちきょう
isthmus

2つの大きな陸地を結ぶ狭くて細長い陸地。海峡の対語。パナマ地峡スエズ地峡などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ち‐きょう〔‐ケフ〕【地峡】

二つの主な陸地を結ぶ細くて狭い陸地。スエズ地峡・パナマ地峡など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

地峡【ちきょう】

二つの大陸や大陸と半島を結ぶ陸地の狭隘(きょうあい)部。スエズ,パナマ,クラ地峡などが有名。古来陸上交通の要衝であり,運河を通すのに適する。たとえばスエズ運河パナマ運河など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちきょう【地峡 neck】

大陸と大陸,大陸と半島などを結ぶくびれた狭い陸地。南北アメリカ大陸を結ぶパナマ地峡,ユーラシア大陸とアフリカ大陸を結ぶスエズ地峡,マレー半島クラ地峡などが有名。その他,ギリシアコリント地峡ユトランド半島キール地峡などがある。古来陸上交通の要衝であったが,運河が開かれ,あるいは計画されたりして海上交通の要所ともなっている。1869年に開かれたスエズ運河は紅海と地中海を結び,喜望峰回りのロンドンボンベイ間の距離を58%に短縮,また1914年開通したパナマ運河太平洋カリブ海をつなぎ,ホーン岬回りのニューヨークホノルル間の距離を50%に短縮した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちきょう【地峡】

両側から海が迫り、大陸の一部が極端に狭まった地形。パナマ地峡・スエズ地峡など。地頸。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地峡
ちきょう

海洋や海湾の中間にある陸地の一部が極端に狭くなっている地形をいう。北アメリカ南アメリカ両大陸の間にあるパナマ地峡、アジアとアフリカ両大陸の間にあるスエズ地峡は有名である。スエズ、パナマ両地峡の長さは、それぞれ162.5キロメートル、65キロメートルである。両地峡は、海上交通の障害になっていたが、ともに運河の開通により、船舶の航行時間の短縮と運送費の節減から、世界の海運の発達に役だっている。航空機が発達した現在では、海上旅客輸送の地位は低下したが軍事的重要性は依然として高い。マレー半島の北部(タイ領内)にはクラ地峡があり、メキシコ南東部にはテワンテペック地峡がある。両地峡には運河は開かれていない。[有井琢磨]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

地峡の関連情報