ザイド朝(読み)ザイドちょう(英語表記)al-Zaydīya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザイド朝
ザイドちょう
al-Zaydīya

イスラム教シーア派のザイド派が建てた王朝。 (1) 864年,ハサン・イブン・ザイド (884没) は,タバリスタンにおけるターヒル朝に対する反乱の指導者として招かれ,やがてタバリスタン全域に支配権を確立,867年にはグルガン地方をも併合した。主としてダイラム人とギーラーン人の支持を得て,サーマン朝に対抗したが,928年サーマン朝にタバリスタンを奪われて衰退,1126年頃までアームルの支配者として存続していた。 (2) 893年,ハーディーが,サーダを拠点にイエメンに支配を確立。このいわゆるラッシー・イマーム朝は,14世紀には一時十二イマーム派の系統によって中断され,16世紀初めにはマムルーク朝によってサーダから追われたが,17世紀以降もオスマン帝国のもとで存続し,1904年ヤフヤー (1868~1948) のもとにオスマン帝国から独立,18年サヌアを占拠して全イエメンに支配権を回復。 62年9月の軍事クーデターによって廃されるまでイエメン王国として存続した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android