コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアニジン

1件 の用語解説(シアニジンの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

シアニジン

 C15H11ClO6 (mw322.70).

 シアニンアントシアニンなどの配糖体のアグリコンアントシアニジンの一種.植物界に広く分布.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内のシアニジンの言及

【アントシアン】より

…マーカートL.C.Marquartがヤグルマギクの花の青い色素をギリシア語の花anthosと青いkyanosを表す言葉からアントシアンと名付けたのに始まる(1835)。この一群の色素はほとんどすべて配糖体として存在し,色素の本体であるアグリコン部分はアントシアニジンanthocyanidin,その配糖体をアントシアニンanthocyanin,また両者をとくに区別しないときにアントシアンと呼んでいる。その構造の決定はドイツの化学者ウィルシュテッターR.Willstätterの研究に負うところが大きくヤグルマギクからシアニンcyanin,さらにペラルゴンpelargon,デルフィニンdel‐phininが分離された。…

※「シアニジン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

シアニジンの関連キーワードオーランチニジンチミジル酸トリセチニジン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シアニジンの関連情報