コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェキーナー shekhīnāh

世界大百科事典 第2版の解説

シェキーナー【shekhīnāh】

〈住むこと〉〈留まること〉を意味するヘブライ語であるが,ユダヤ教,とくにラビ文書において,神の臨在を表現する述語として用いられる。ラビたちの信仰によると,この世俗世界の中のどこにでも,神が聖別した場所や人にはシェキーナーがある。したがって,モーセに神が顕現したシナイ山のような一地点だけではなく,選民イスラエルにも,神意を行う個人にもシェキーナーはあるとされる。【石田 友雄】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシェキーナーの言及

【ユダヤ教】より

…神は唯一であり,その統一された意志の下に,宇宙が創造され,イスラエルが選ばれ,歴史が運営されている。神はどのようなかたちも取らず宇宙を超越した存在であるが,同時に宇宙に遍在しているから,神に向かって祈る個人にも神は来臨し,滞留(シェキーナー)する。神は全知全能であり,聖にして完全な存在,永遠の生者である。…

※「シェキーナー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android