聖別(読み)せいべつ(英語表記)consecration

翻訳|consecration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖別
せいべつ
consecration

人あるいは物が日常的な使用から区別されて,永久に神に仕えるために奉献されることをいう。原始宗教では,川,泉,岩,木などの自然の事物が神々ないし精霊を宿すものとして聖別されているが,このほかにも,タブーや物神のように,ある儀式によって聖なるものとされることもあった。古代ギリシアやローマでは占官が寺院を建立する敷地を清めた。旧約聖書ではアロンとその息子たちが祭司として聖別されている。キリスト教では,聖餐中のパンとぶどう酒の聖別,司 (主) 教の聖別,祭壇,教会堂の聖別の3つが特に聖別と呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せい‐べつ【聖別】

[名](スル)キリスト教で、神聖な用にあてるため物または人を一般的・世俗的使用から引き離して、区別すること。聖化

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいべつ【聖別】

( 名 ) スル
キリスト教で、聖なる使用にあてるため、人や物を儀礼的にきよめ、世俗的使用から区別すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐べつ【聖別】

〘名〙 キリスト教で、聖なる使用に当てるため、人あるいは物を一般的、世俗的使用から引き離す行為をいう。聖化。祝聖
※帰省(1890)〈宮崎湖処子〉七「其古き支族も二三家ありて、皆其地に聖別されてあるなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android