コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェナンドー僧院 シェナンドーそういん

1件 の用語解説(シェナンドー僧院の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

シェナンドーそういん【シェナンドー僧院】

ミャンマー中央部、同国第2の都市マンダレーの旧王宮の東北、小高いマンダレーヒルの麓にある木造の僧院。建物全体が金で覆われ、繊細な木彫りが施されている。19世紀のコンバウン王朝の最後の王・テイーボー王が、死去した父王のために功徳を積もうとして宮殿の寝殿を取り壊し、その材木で建設したといわれている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シェナンドー僧院の関連キーワードパガンピンマナマンダレーミャンマーОшミャンマーの反政府デモミャンマーのサイクロン被害ミャンマーのゾウ在日ミャンマー人ミャンマーの少数民族

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone