コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寝殿 シンデン

デジタル大辞泉の解説

しん‐でん【寝殿】

天子が日常寝起きする宮殿。南殿。
寝殿造りの中心となる建物。主人の居室で、客間ともなる。正殿

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんでん【寝殿】

寝殿造りの中心的な建物。正殿せいでん
天子の寝起きした宮殿。南殿。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の寝殿の言及

【住居】より

…建物は板葺きで桁行5間,梁間3間の周囲を板壁と扉で仕切り,前後に幅の広い屋根付の広縁が設けられていた。このように奈良時代の住居は,後に寝殿造へと発展してゆく貴族住宅の過渡的な形がだんだんと明らかになってきている。他方,庶民の住居の多くは室と呼ばれる竪穴住居であったことが《万葉集》の用例などによって知られている。…

【寝殿造】より

…完成形または典型をどのようにとらえるかは異論もあるが,現在までは次のような説が有力である。まず敷地は方一町(約120m四方)で,主屋である寝殿を中心に,東および西,場合によっては北,北西,北東などに副屋である対(たい)(対屋(たいのや))を置き,これを廊(渡殿(わたどの))で結ぶ。東西対からは南に細長い中門廊が延び,その南端には釣殿を建てる。…

※「寝殿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寝殿の関連キーワード設い・室礼・鋪設・補理鏡箱・鏡匣・鏡筥シェナンドー僧院大覚寺障壁画御湯殿の儀式追ひ風用意母屋の大饗醍醐の花見日隠しの間東京錦の茵庇の大饗寄せ几帳女一の宮殿隠る寝殿造対の屋放ち出額突き二の対小寝殿

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寝殿の関連情報