コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェラダイジング シェラダイジング sherardizing

1件 の用語解説(シェラダイジングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェラダイジング
シェラダイジング
sherardizing

亜鉛の拡散メッキ法 (→拡散浸透処理 ) 。亜鉛製錬の副産物である粉末青粉 (あおこ。 Zn 85~90%,ZnO 5~8%) 中に鋼製品を埋め,容器ごと回転させつつ 300~400℃に加熱,3~12時間保持すると鋼表面に亜鉛が浸透してメッキ層ができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシェラダイジングの言及

【拡散被覆】より

…処理の性質上,皮膜は素地金属と拡散する金属との合金となる。炭素鋼の表面に耐食性,耐摩耗性,耐熱性などを付与する目的で工業的に行われる拡散被覆としては,クロムを浸透させるクロマイジングchromizing,アルミニウムを浸透させるアルミナイジングaluminizing(登録商標としてはカロライジングcalorizingが有名),亜鉛を浸透させるシェラダイジングsheradizingがある。このほか,非金属であるケイ素を浸透させるシリコナイジングsiliconizingや,ホウ素を浸透させるボロナイジングboronizingなども実用化されている。…

【トタン】より

…鋼板への亜鉛めっきの製造法には溶融亜鉛めっき法,電気亜鉛めっき法の2法がある。鋼板以外の形材などでは,これらのほかに拡散被覆法(亜鉛の場合はシェラダイジングsheradizingという),溶射法なども併用される。複合防食皮膜の一環として薄い亜鉛めっきを施すには連続電気めっき法が用いられる。…

※「シェラダイジング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シェラダイジングの関連キーワード拡散係数拡散定数拡散の法則フィックの拡散の第二法則フィックの法則ベツォルドの拡散効果リチャードソンの拡散法則亜鉛めっき鋼板拡散被覆分散めっき

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone