副産物(読み)フクサンブツ

デジタル大辞泉の解説

ふく‐さんぶつ【副産物】

ある製品を生産する過程で、それに付随して得られる他の産物。
ある物事に付随して起こる物事。「戦争の副産物としての特需」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふくさんぶつ【副産物】

目的とする産物の生産過程で、付随して得られる他の産物。
転じて、ある物事の発生や進展に伴って起こった他の物事。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

副産物
ふくさんぶつ
by-product

同一の原材料および同一の作業工程から2種以上の製品が生産される場合に、それらの経済価値や企業の生産目的などの関係から、相対的に従属的であると判断される第二次的な生産物をいう。主産物と同様、市場における商品価値を有しているものであるから、原価計算上は、なんらかの形で評価しなければならない。製粉業の(ふすま)、コークス業のコールタールなどが、その典型的な例としてあげられる。[東海幹夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

副産物の関連情報