副産物(読み)フクサンブツ

デジタル大辞泉の解説

ふく‐さんぶつ【副産物】

ある製品を生産する過程で、それに付随して得られる他の産物。
ある物事に付随して起こる物事。「戦争の副産物としての特需」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふくさんぶつ【副産物】

目的とする産物の生産過程で、付随して得られる他の産物。
転じて、ある物事の発生や進展に伴って起こった他の物事。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

副産物
ふくさんぶつ
by-product

同一の原材料および同一の作業工程から2種以上の製品が生産される場合に、それらの経済価値や企業の生産目的などの関係から、相対的に従属的であると判断される第二次的な生産物をいう。主産物と同様、市場における商品価値を有しているものであるから、原価計算上は、なんらかの形で評価しなければならない。製粉業の(ふすま)、コークス業のコールタールなどが、その典型的な例としてあげられる。[東海幹夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ふく‐さんぶつ【副産物】

〘名〙
① あるものを生産する過程で、それに付随して必然的に得られる他の産物。製品。
※東京日日新聞‐明治二五年(1892)一〇月三〇日「銅を採り硫酸を製し、其他苟も副産物として利益を得べきものは」
② 転じて、一つの物事を行なうときに、それに伴って起こってくる物事。
※蔵の中(1918‐19)〈宇野浩二〉「私の書きました小説といふのは、その副産物のやうなもので」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

副産物の関連情報