拡散被覆(読み)かくさんひふく

百科事典マイペディアの解説

拡散被覆【かくさんひふく】

金属製品に他種金属を高温において表面から拡散浸透させ,両金属の合金被膜を形成させる金属表面処理法。耐熱・耐食性などが向上する。対象は主として鉄鋼製品で,浸透させる金属によりアルミナイジング(アルミニウム),シェラダイジング(亜鉛),クロマイジング(クロム)などがあり,浸透は粉体,蒸気,塩浴などによって行われる。また,非金属であるケイ素を浸透させるシリコナイジング,ホウ素を浸透させるボロナイジングなども実用化されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かくさんひふく【拡散被覆 diffusion coating】

被処理材のまわりに金属粉末とハロゲン化物を充てんして密閉し,適当な時間,適当な温度に加熱保持することによって,表面に金属の拡散浸透層を生成させる処理法をいう。たとえば,炭素鋼を金属クロム粉末,アルミナ粉末(焼結防止剤),塩化アンモニウム粉末などといっしょに加熱して表面だけをステンレス化する方法などがある。処理の性質上,皮膜は素地金属と拡散する金属との合金となる。炭素鋼の表面に耐食性,耐摩耗性,耐熱性などを付与する目的で工業的に行われる拡散被覆としては,クロムを浸透させるクロマイジングchromizing,アルミニウムを浸透させるアルミナイジングaluminizing(登録商標としてはカロライジングcalorizingが有名),亜鉛を浸透させるシェラダイジングsheradizingがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android