コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拡散被覆 かくさんひふく

2件 の用語解説(拡散被覆の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

拡散被覆【かくさんひふく】

金属製品に他種金属を高温において表面から拡散浸透させ,両金属の合金被膜を形成させる金属表面処理法。耐熱・耐食性などが向上する。対象は主として鉄鋼製品で,浸透させる金属によりアルミナイジングアルミニウム),シェラダイジング(亜鉛),クロマイジングクロム)などがあり,浸透は粉体,蒸気,塩浴などによって行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かくさんひふく【拡散被覆 diffusion coating】

被処理材のまわりに金属粉末ハロゲン化物を充てんして密閉し,適当な時間,適当な温度に加熱保持することによって,表面に金属の拡散浸透層を生成させる処理法をいう。たとえば,炭素鋼を金属クロム粉末,アルミナ粉末(焼結防止剤),塩化アンモニウム粉末などといっしょに加熱して表面だけをステンレス化する方法などがある。処理の性質上,皮膜は素地金属と拡散する金属との合金となる。炭素鋼の表面に耐食性,耐摩耗性,耐熱性などを付与する目的で工業的に行われる拡散被覆としては,クロムを浸透させるクロマイジングchromizing,アルミニウムを浸透させるアルミナイジングaluminizing(登録商標としてはカロライジングcalorizingが有名),亜鉛を浸透させるシェラダイジングsheradizingがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

拡散被覆の関連キーワードアセチレングリニャール試薬シアン化物ハロゲンハロゲン化物ハロゲン族元素ハロゲン化銀ハロゲンランプハロゲン元素グリニヤール反応

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone