コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェロシェフスキ Wacław Sieroszewski

世界大百科事典 第2版の解説

シェロシェフスキ【Wacław Sieroszewski】

1858‐1945
ポーランドの小説家。若いころ社会主義運動に参加してシベリアに流され,これを契機としてヤクート族やツングース族を扱った小説や民族学的研究を発表。1903年に来日し,民族学者B.ピウスーツキとともにアイヌ研究を手がけたほか,《八百屋お七》など日本に取材した短編や極東旅行記によって日本を広くポーランドに紹介した功績は大きい。主要作品に《ベニョフスキ》(1916)がある。【西 成彦】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシェロシェフスキの言及

【日本研究】より

…ポーランドも日本研究の伝統を有する。ロシア帝国支配の時代にシベリア流刑となった作家で民族学者のW.シェロシェフスキおよび言語学者ないし民族学者のB.ピウスーツキの両者がアイヌ研究に手を染め,とくに後者はサハリンでアイヌの伝承を収録した。ポーランド独立後の1919年にはワルシャワ大学に日本語の講座が設けられ,55年にはこれが日本学科として独立し,日本に関する研究と教育の中心となっている。…

※「シェロシェフスキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シェロシェフスキの関連キーワードピウスーツキ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android