コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェークアウト訓練 シェークアウトクンレン

1件 の用語解説(シェークアウト訓練の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シェークアウト‐くんれん【シェークアウト訓練】

米国など世界各地で行われる大規模な地震防災訓練。年に1回、数万人から数百万人が参加して行われ、「ドロップ(姿勢を低く)・カバー(体・頭を守る)・ホールドオン(揺れが収まるまでじっとしている)」という身を守るための基本的な行動を、学校・職場・外出先などで一斉に実践する。
[補説]2008年に米国の南カリフォルニアで始まり、グアム島を含む米国各地、カナダプエルトリコニュージーランドなどに広まった。各地域の主催団体が相互に情報や経験などを共有しながら、個人・企業・学校などに広く参加を呼びかけている。2011年10月にカリフォルニアで行われた訓練には860万人以上が参加。日本では2012年3月に東京都千代田区で初めて実施され、2万6000人が参加した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シェークアウト訓練の関連キーワード収穫祭大規模大戦アラビカUNDRO三連動地震双子地震連動地震地震防災戦略ホール試写

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone