コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シオミドロ Ectocarpus

世界大百科事典 第2版の解説

シオミドロ【Ectocarpus】

褐藻綱シオミドロ目シオミドロ科の1属で,形状は褐色の髪の束のようである。体は単列糸状で分枝をもち,また細胞がらせん形の色素体をもつことが特徴である。世界各地の沿岸に分布するが,種類数は寒海に多い。代表的な種にシオミドロE.siliculosus (Dillw.) Lyngb.があり,冬季によく生育し,大きいものは長さが30cmにもなる。ノリ養殖場では害藻として嫌われる。似た属に,多数の円盤状の色素体をもち,生殖器官を体の比較的上部につけるギフォルディア属Giffordia,同じく色素体が円盤状であるが,生殖器官を体の比較的下方につけ,しかも体は他の海藻上に生育するフェルドマンニア属Feldmanniaなどがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シオミドロ

エクトカルパス」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シオミドロの関連キーワードサカゲツボカビ類生殖器官無性生殖草食魚褐藻海藻

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シオミドロの関連情報